【利用案内】konashiキットとarduinoキットについて

事務局の佐藤です。
FEJで購入したkonashiキット×5とarduinoキット×5ですが、FLATでご利用可能になりました。

■利用案内
FLATスタッフの方にお声がけいただいてご利用下さい。
利用の際は
下記のGoogleドライブの利用記録にご記入をお願いします。
FEJ-konashi-arduino利用記録

※注意事項
・過電流でパーツ破損しないようにご注意下さい。
・破損した場合はすみやかにFLATスタッフとFEJ事務局(info at fandroid-ej.org)に申告願います。
・FLATからの持ち出しは禁止とします。
・使ったあとはきちんと片づけをお願いします

制限等は特に設けませんので、常識の範囲内でご利用いただければと思います。

Comments Off

Filed under お知らせ

「山形県公共アプリコンテスト」開催のお知らせ

mimosさんより「山形県公共アプリコンテスト」のご紹介をいただいたので、お知らせ致します。

「山形県公共アプリコンテスト」が7月1日(月)より募集を開始しております。
「山形県公共アプリコンテスト」募集要項

【 目的 】
ICTを利活用した公共性のあるアプリケーションサービスの開発を促進するため、高機能携帯端末(スマートフォン、タブレットPCなど)のアプリを対象としたコンテストを実施し、アプリの作成を後押しするとともに、優秀作品を表彰することで、県民のICTへの関心を高め、利活用の促進を図ります。

【 募集内容 】
次のテーマに沿ったAndroid アプリを募集します。原則未公表のアプリのみ対象としますが、動作等を一部改良していれば公表アプリも応募可とします。

テーマ
① 観光
~山形県を観光する時、山形県を県外にPR する時などに使える便利なアプリケーション~
② 高齢者
~高齢者福祉の向上に役立つアプリケーション~
③ 子育て
~子育てする人を応援するアプリケーション~
④ その他
~公共性があり県民生活の利便性向上に役立つアプリケーション~

【 動作環境 】
Android OS(Android4.0 以降)で動作するもの。
なお、応募する際に応募者自ら動作確認を行い、動作環境を応募申込書に記入してください。
※ Android アプリ(apk ファイル)に限定し、HTML5 等を用いたWeb アプリは対象外とします。

【 募集期間 】
平成25 年7月1日(月)~平成25 年9月11 日(水)必着

【 応募方法 】
▼エントリー
応募を検討している方は、まずホームページ上(http://mcs21.biz)からエントリーをお願いします。
エントリーされた方については、ホームページ上で県が抱える課題やテーマに沿った情報等をご覧いただくことができます。
▼作品の応募
アプリを応募する際は、コンテストホームページ上(http://mcs21.biz)の応募受付フォームにてご応募ください。
なお、応募申込書(ホームページ上からダウンロード)とアプリ作品をCD-Rに収めて末尾記載の事務局まで郵送していただいても結構です。

【 応募資格 】
アプリを開発できる企業、団体、個人(高校生、大学生等の応募も可)。
なお、学生と企業が共同開発することも可とし、複数のアプリを応募することも可能です。

【 表彰内容 】
最優秀賞1作品、優秀賞2作品。
受賞者は、10 月下旬に開催する予定の表彰式において表彰します。

【 問い合わせ・応募先 】
▼コンテストの内容に関すること
〒990-8570 山形県山形市松波2丁目8-1
山形県 企画振興部情報企画課 情報企画担当
TEL:023-630-2094
▼応募に関すること(技術的な事項等)
〒992-0012 山形県米沢市金池5丁目13-3
山形県情報技術振興協同組合事務局
▼コンテストホームページ
http://mcs21.biz

※ 県からの委託を受け、山形県情報技術振興協同組合が
コンテストHP の運用や技術的な支援等を行っています。

以下、サイトから引用
これはwww

第1話 「ねぇ、みんな、Androidアプリコンテストだってよ!」

Comments Off

Filed under お知らせ

【受付終了】7/20 Unity初心者講座のお知らせ

7/17更新 定員となったため受付を終了しました。

みなさんこんにちは。FEJ事務局の佐藤です。

7/20(土)にUnity Technologies Japan合同会社の伊藤周さんをお招きして
Unity初心者講座を開催致します。

ゲーム開発の必須スキルになりつつあるUnity、
名前は聞いたことあるけど使ったことがない?なんて方もいらっしゃると思います。
そんな方にうってつけの本講座です。講演を聴き、さらには実際に手を動かしてゲームをつくってみましょう。

「Unity初心者講座」

講師 伊藤 周(いとう まこと)氏 Unity Technologies Japan合同会社
日時 7/20(土) 13:40会場 14:00開催 17:00終了(予定)
場所 データコム株式会社 会議室
   宮城県仙台市青葉区本町1-13-22 仙台松村ビル6F
   GoogleMapで確認
定員 30名

申込は下記フォームよりお願い致します。(外部フォームが開きます)

■講座内容(予定)
『第1部』(約60分) 講演
「Unity」を知ろう
 ・「Unity」ってなんだろう。
 ・「Unity」で何ができるの?
 ・「Unity」を取り巻く環境とは

『第2部』(約120分) ハンズオン
「Unity」を使ってアクションパズルゲームを作ろう!
 ・Unityエディタの操作説明
 ・カメラ、ライト、オブジェクトの配置
 ・物理挙動、物理属性
 ・マテリアルとテクスチャ
 ・親子構造
 ・スクリプトの概念
 ・エフェクトの追加

【重要】
<事前準備のお願い>
・Unityを下記サイトでインストールをお願いいたします。
  ※Unity4以降のバージョンをお使いください。
http://japan.unity3d.com/unity/download/

・Unityをアクティベーションしてください。
 ネットワーク環境下でFree版(Pro版をお持ちならそちらでも構いません)で
 Unityを起動してください。

・以下のGitHubで「ZIP」ボタンをクリックしてプロジェクトをローカルに
 ダウンロードしておいてください。
https://github.com/makoto-unity/angry-chicken

■講師プロフィール
伊藤 周(いとう まこと)氏
株式会社セガでアーケードゲーム「頭文字D」「ガンダムカードビルダー」やモバイルゲーム「三国志コンクエスト」を開発。
その後Unity Technologies Japan合同会社に転職し、Unityエバンジェリストとして現在に至る。

申込は下記フォームよりお願い致します。(外部フォームが開きます)

本件に対するお問い合わせ先
Fanroid EAST JAPAN事務局
info[at]fandroid-ej.org
022-214-2772(担当:佐藤)

Comments Off

Filed under お知らせ

【開催報告】「Fandroidセミナー takram渡邉康太郎氏講演」

6/28にtakramの渡邉康太郎さんをお招きして講演をいただきました。

対話ではじまり、対話で終わるインタラクティブな講演と、
石井さんをはじめとした参加者で創りだした場がとても濃密な2時間のイベントとなりました。

まず、はじめにtakramさんのお仕事をソフトウェア/ハードウェア・デザイン/エンジニアリングの二つの軸、四象限にわけて紹介いただきました。どこかの領域に属すのではなく、それぞれの領域をまたがって、垣根なく活動されていらっしゃいます。

UI開発事例として、 MUJI NOTEBOOKやdocomo iWidgetなどの紹介、インスタレーション事例として、FurinやOvertureなどの紹介、ハードウェア開発事例として、TOYOTAのコンセプトモデルNS4やShenu(シェヌ)などを紹介いただきました。
その後、参加者にどの話を掘り下げたいかとの質問で、どういうプロセスでアウトプットにつなげているのか?を会場が選択し、講演が続けられました。

後半では、ストーリーウィービングのお話や、実際の企業向けワークショップの体験などをご紹介いただきました。(とある最近のプロジェクトの紹介があったのですが、そこはCONFIDENTIALということで配信をカットしていますので、レポートも控えます。)最後の質疑応答まで、息付く暇もなく脳が刺激を受けていました。


全体的な流れとしては、小泉さんの実況ツイートまとめを参考にしていただきつつ、詳細な報告+αのレポートを石井さんがアップしてくださっていますので、そちらを参考にしていただければと思います。

石井さんの記事
takram 渡邉康太郎さんの講演(+α)を聞いてきました。
小泉さん(@koi_zoom1)の実況ツイートまとめ
http://togetter.com/li/526053

その他イベント写真はFacebookページのアルバムをご覧ください。

これまでのFEJのイベントとは趣向を変えた内容でしたが、とても参加者満足度の高いものになったのではないでしょうか。(参加しなかった方とてももったいない…、アーカイブ残せないのが残念です。)
イベント後も興奮は収まらず、その後のスタッフとごく一部の関係者の懇親会でも楽しいお話をいただきました。

今年度はあと9回のイベント開催を予定しています。直近は7/20(土)のUnity勉強会【定員30名】となります。近々申込を開催致しますのでお待ちくださいませ。

Comments Off

Filed under お知らせ

【開催報告】「konashiをつかったフィジカルコンピューティング入門」

6/25にユカイ工学の青木さんをお招きして
「konashiをつかったフィジカルコンピューティング入門」を開催しました。
当日は定員を超えての参加があり、人口密度高めで開催となりました。
さらには岩手、会津からもご参加いただきました、みなさんありがとうございます!


講師の青木俊介さん



会場風景

青木さんよりユカイ工学の紹介のあと、早速ワークへ入りました。
今回はプログラマーの方とペアを組んでいただき、開発者以外の方も学べる環境を作りました。

まず、Xcodeでサンプルコードをコピーして、
konashiとiOSデバイスを接続してLEDをつけるワークを行いました。

慣れている方はカスタマイズ等を行なって、プログラムで点灯を制御したりされていました。

後半は、先日リリースのあったjsdo.itとのコラボkonashi.jsの先行体験ということで
7/1公開予定のiOSアプリを使ってkonashiを動かしてみました。

jsdo.itとの連携によって webベースでコーディングした JavaScript言語から konashiを通じてセンサや外部機器と接続し、フィジカル・コンピューティングを楽しむことができます。

これにより、Xcode(Objective-C)がかけなくても、javascriptが書けるフロントエンジニアさんならkonashiをいぢくり倒せるわけですね。開発の裾野が一気に拡がりますね!
他の写真はこちらにも何枚かあります。

さらには先日開催されたKonashi MAKE-a-thonの作品映像をみたりと盛りだくさんなイベントでした。
こちらはトイレットペーパーホルダーに加速度センサーをつけてkonashiで制御した作品ですw

なお、konashiはFEJで購入したものをFabLab仙台のFLATで利用できるように準備しています。
キットの貸出はできませんが、FLATにお越しいただき、自由にご利用いただけるようになります。
(arduinoとGROVEセンサーキットもありますのでこちらもご利用下さい)

日程調整中ですが、次もFLATでarduinoワークショップを画策中です。

Comments Off

Filed under お知らせ

6/28 FEJセミナー「takram渡邉康太郎氏 講演」

みなさんこんにちは。FEJ事務局の佐藤です。

USTREAMはこちらのURLになります。
※当日のLIVE配信のみ視聴いただけます。(今回はアーカイブはありません)
http://www.ustream.tv/channel/fandroid-ej

こちらも直前ですが、、、、来週はもりだくさんです。

6/28(金)にtakramの渡邉康太郎さんをお招きしてセミナーを開催致します。
「デザイン」「エンジニアリング」双方の視点を併せ持ったものづくりに定評のある
takramさんはノーボーダーな人材育成を目指している、FEJの理想に近いといえます。

無印良品のiPhoneアプリ「MUJI NOTEBOOK」や、NTTdocomoの「iコンシェル」や「iウィジェット」のUI開発、さらには2009年のミラノサローネに出展された東芝のインスタレーション「Overture」、最近ではifs未来研究所ととらやと製作した近未来の和菓子「ひとひ」などジャンルの枠に制約されずに、デザインとエンジニアリング領域を横断する同社のものづくりへの取り組みを講演いただきます。

当日は、実際の事例を元に『「デザイン・エンジニアリング」と「ストーリー・ウィーヴィング」による製品開発』というテーマで講演いただきます。

講師 takram 渡邉康太郎 氏
日時 6/28(金) 18:30開場 19:00開催
場所 エル・ソーラ仙台 大会議室
   仙台市青葉区中央1丁目3-1 アエル 28階 
定員 50名
費用 無料

申込は下記フォームよりお願い致します。(外部フォームが開きます。)
https://ssl.form-mailer.jp/fms/8977020f252208

講師プロフィール
takram 渡邉康太郎氏

六本木未来会議のプロフィールより引用

takramのデザインエンジニア/ディレクター。慶應大学SFC卒業。著書に「ストーリー・ウィーヴィング」(ダイヤモンド社)。ベンチャー起業等を経て2007年よりtakram参加。最新デジタル機器のUI設計から、国内外の美術館等で展示するインタラクティブ・インスタレーション制作まで幅広く手がける。香港デザインセンターIDK客員講師。

申込は下記フォームよりお願い致します。(外部フォームが開きます。)
https://ssl.form-mailer.jp/fms/8977020f252208

本件に対するお問い合わせ先
Fanroid EAST JAPAN事務局
info[at]fandroid-ej.org
022-214-2772(担当:佐藤)

Comments Off

Filed under お知らせ

【観覧のみ受付中】6/25 「konashiを使ったフィジカルコンピューティング入門」開催のお知らせ

こんばんは。FEJの佐藤です。ギリギリの告知ですみません。。。

今期の教育講座の1つのテーマである「デバイス連携」に関して、
ユカイ工学株式会社の青木俊介さんをお招きして6/25にワークショップを開催します。

6/18追記
SENDAI Magazine さんがとってもわかりやすい解説記事を書いてくれました!
konashiを使ったフィジカルコンピューティング入門:iPhoneやiPadを使って電子工作を楽しもう!

6/21更新
定員になりましたので、申込を締め切ります。
今後の申込は観覧のみ受付となります。

きっと優しい参加者と開発者の方がいろいろレクチャしてくれると思いますので、
会場のFLATにお越しいただければと思います。

■イベント名
konashiを使ったフィジカルコンピューティング入門

■イベント詳細
6/25(火) 18時〜
会場  FLAT FabLab Sendai
住所 仙台市青葉区一番町2-2-8 IKIビル 4-1
定員 10名 ※観覧は自由です。(USTでも配信予定)
講師 ユカイ工学株式会社 青木俊介氏
参加費 無料 

※konashiキットはこちらで用意します。
※3Dプリンタや工作パーツの利用が発生した場合は実費負担となります。

本講座の対象者
フィジカルコンピューティングに興味がある方
(エンジニアやデザイナー、学生等)

■申込手順
お申込はメールに下記事項を記載の上お申込ください。
参加者の調整をして事務局より返信させていただきます。
info[at]fandroid-ej.org 宛

【お名前】
【ふりがな】
【ご連絡先メールアドレス】
【所属】
【職種】エンジニア/デザイナー/ディレクター/学生など
【GitHubのアカウント】※あれば エンジニアの方は必須です。

キットの数に限りがございますので参加者をペアにして、ワークショップを行わせて頂きます。
エンジニアの方とペアを組んでいただくので、プログラムの知識がなくても
ご参加いただけます。(エンジニアの方はご協力宜しくお願いいたします。)

■講座内容
konashiをつかってフィジカルコンピューティングを体験してみよう。
具体的には
・LEDを点灯させる
・センサーモジュールを組みあわせて何かつくってみる

用意していただくもの(プログラマの方対象)
・xcode最新版が動くMac
・BLE搭載のiPhone もしくは iPad, iPod touch (konashiの対応機種はこちら)
・iOS Developer Program (実機テストをする場合)
・Githubのアカウント(サンプルプログラムを配布します)

※プログラマ以外の方は特に準備は不要です。

■講師プロフィール
青木俊輔 ユカイ工学株式会社代表/チームラボ取締役
開発実績にnecomimi、目玉おやじロボット、teamLabHanger、Telepathy Oneなど

青木さんの詳細プロフィールはこちらの記事からどうぞ。

ロボット開発にMAKER MOVEMENTの夢をみた ~ユカイ工学青木さんインタビュー!!
河童、猫耳、目玉おやじ、ハンガー・・・話題のハードを開発する頭脳集団――ユカイ工学

■申込手順
お申込はメールに下記事項を記載の上お申込ください。
参加者の調整をして事務局より返信させていただきます。
info[at]fandroid-ej.org 宛

【お名前】
【ふりがな】
【ご連絡先メールアドレス】
【所属】
【職種】エンジニア/デザイナー/ディレクター/学生など
【GitHubのアカウント】※あれば エンジニアの方は必須です。

補足
フィジカルコンピューティング (Artwordsより引用)

われわれの身の回りの物理的な世界とコンピュータ上の仮想的な世界との間に対話を作り出すという分野。ニューヨーク大学のITP (Interactive Telecommunication Program) で、T・ アイゴらを中心に教育プログラムとして開始された。既存のマウスやキーボード、ディスプレイ、スピーカーといった入出力装置に、センサー、アクチュエータ、マイクロコントローラを組み合わせ、人間とコンピュータとの意思疎通の幅を拡げることがフィジカル・コンピューティングの目的である。

konashi(こなし)について (ユカイ工学サイトより引用)

iPhone/iPadのための、フィジカル・コンピューティングツールキットです。
iOSから簡単にハードウェアにアクセスする開発環境を提供し、マイコン側のファームウェア開発をすることなく
ソフトウェアエンジニア・デザイナ・アーティストが手軽にプロトタイピングを行うツールとしてお使いいただけます。

Comments Off

Filed under お知らせ

グッドデザイン賞2013応募受付中

こんにちは。FEJ事務局の佐藤です。

グッドデザイン賞2013の募集が始まっています。
東北6県と茨城県に本社をおく企業は応募費用に関する費用が無料となります!

先日5/20行われた応募説明会に参加してたのですが、
宮城県で過去受賞されている門馬箪笥店さんやワイヤードビーンズさんの
講演がとても面白かったです。

老舗工芸店のマインド変革や
企業戦略にグッドデザイン賞の受賞を盛り込むなど
尖った事例を伺うことができました。

詳細はアリティービーさんの運営している
とうほく復興カレンダーにまとまっているのでそちらを参照ください。
http://re-tohoku.jp/blog/15943

ちなみに昨年宮城では
復興デザイン賞の受賞が3件
・ISHINOMAKI2.0(まちづくりプラットフォーム)
・石巻VOICE(フリーペーパー)
・石巻工房
私の馴染みぶかいところだと、以下のようなものがグッドデザイン賞を受賞されています。
・東北大の都市・建築学専攻の仮設校舎
・松島の海の盆
・アプリ制作をしたみんなの白菜物語プロジェクト

受賞作はプロダクトだけでなく、建築やデジタルコンテンツや社会活動など多岐にわたります。

もの、コミュニケーション、しくみのジャンルで応募が可能ですので、
これはグッドデザインかも?と思ったら応募してみてはいかがしょうか?

参考リンク
Good Design Award

Comments Off

Filed under お知らせ

【開催報告】「No Border, スマホUI!」

先日5/17に、今年度一発目のイベント「No Border, スマホUI!」を開催しました。
講師にツクロアの秋葉ちひろさんをお招きして、
定員50名が満席となり、幸先のいいスタートをむかえることができました。

インターフェイスデザインの変遷と、
ユーザーコンテキストの考慮したり機械と人の距離を縮めていくこと
体験を重視したデザインが求められているのではとの講演でした。

後半はプロトタイプ制作の講演をいただき、実際につくってみようということで
ワークショップを開催致しました。
各テーブルでアイデア出しやペーパープロトタイピングをして
実際に発表と参加者同士の交流も生まれ楽しい時間を過ごすことができたと思います。

なお秋葉さんが当日の講演スライドをシェアしてくださっています。

USTREAM配信も行いました。当日来られなかった方はアーカイブを御覧ください。
前半


Video streaming by Ustream

後半


Video streaming by Ustream

当日のツイートまとめ
togetter

当日の講演風景
Facebookアルバム
写ってはマズイ、公開を控えてほしいなどあればご連絡くださいませ…。

Comments Off

Filed under お知らせ

脳波関連情報の掲載をスタートします。

FEJでは特徴的な技術として脳波計測デバイスを用いたアプリ開発を進めています。
脳波デバイスからデータを取得するAPIドキュメントを作成し多くの開発者が開発できる環境と、
各支部への端末の貸出を行なっています。

この動きをさらに加速するために、ご支援いただいているシリコンバレーのB-Bridgeさんと共同で
脳波関連情報を当サイトにて発信していくことにしました。
開発者、企画者、アイデア創発者、端末メーカーなど
それぞれの立場から脳波関連情報をお伝えしていきたいと思います。

本日第一回の記事を公開致しました。
■[脳波NEWS]micoは記憶力アップに役立つかもという調査結果
http://fandroid-ej.org/nouha/mico/

脳波カテゴリの記事が関連情報になりますので、
グローバルナビやカテゴリアーカイブからご覧いただければと思います。

Comments Off

Filed under お知らせ