【開催報告】ユーザーデータから考えるアプリ企画とプロモーション

9/27にFULLER株式会社の高瀬さんをお招きして講演いただきました。

はじめにFULLER社のお仕事スタイルについて講演いただきました。
高専卒起業家集団であるFULLER社は、アパートや一軒家で共同生活する職住近接経営、
積極的な内外イベント参加することで人、そして会社やサービスをPRしているそうです。
全員がエンジニアではありますが、事業面の弱点をメンターや応援者がサポートしてくれているそうです。
彼らのスピード、笑顔、真面目さ・謙虚さを大事にされてるのも応援者を惹きつける要因なのでしょうか。

現在はアプリ開発とデータ分析に注力されている同社ですが事業のアイデアとして以下の3つをあげていました。
自分たちが使ってみたいか?おもしろそうか?ヤバそうか?

同社のヒットアプリであるAndroidのタスク管理アプリ「ぼく、スマホ」は、それらのポイントを押さえて開発されています。

キャラクターをおじさんにして(ヤバい≒キモカワ)
余計なアプリ(機能)を脂肪に見立ててダイエット
タスクを仕事にみたて溜まった仕事を片付けることで(おもしろい)
電池が長持ちする(自分たちがつかってみたい)

プロモーションの際はつながりをフル活用して、新聞、テレビ、展示会など様々な方面に出て行くことを実践しているそうです。

プロジェクト管理は一枚のボードを用いたカンバン方式を取り入れるデジタルとアナログのいいところを取り入れて管理されているそうです。

後半は同社が提供されているアプリ利用調査データ「AppApe」についてお話いただきました。
累計50万DLされている自社アプリからインストール端末の利用状況を取得し分析して販売されています。
ここには記載しませんが、かなり細かい項目が取れるので、競合調査や制作の際の仮設を建てるのに役立ちそうです。

こちらは同社がMWC2013で発表したAndroidアプリの調査データを動画にまとめたものです。

興味深いデータや、今後の事業の話など包み隠さずお話いただきとても濃密な講演となりました。

なお、当日はUSTREAMで配信予定でしたが、機材トラブルで
配信ができなかったこと、開始が遅れて申し訳ございませんでした。
途中からサブ機材のWebカメラで配信をしています。画質・音質共に悪いですが。。
アーカイブをご覧になりたい方はコチラからどうぞ

Comments Off

Filed under お知らせ

10/18講演「ニコニコとデバイスの歩み、今後の未来」

こんにちは。FEJ事務局の佐藤です。

10/18(金)に株式会社キテラスの鈴木慎之介さんをお招きして講演を頂きます。

スマートフォンやタブレット、ゲームデバイス、そしてTVとわたしたちは様々なデバイスでコンテンツを視聴しています。
マルチスクリーン、マルチデバイスと呼ばれる時代、これらの機器がつながることでユーザーのコンテンツ視聴体験はどう変わっていくのか?
日本最大級の動画サービスであるniconicoでマルチデバイス対応に挑戦する同社の取り組みを講演いただきます。

「ニコニコとデバイスの歩み、今後の未来」
※本講座は仙台市情報産業支援事業の一貫として開催致します。

日時:2013年10月28日(金)
   10月18日(金)の誤りです。失礼しました。
   19:30〜21:00(予定) 開場19:10〜
会場:戦災復興記念館 5F会議室(仙台市青葉区大町2丁目12−1)
講師:株式会社キテラス 代表取締役 鈴木慎之介さん
定員:50名
参加費:無料

参加申込は下記フォームからお願い致します。(外部フォームが開きます)
https://ssl.form-mailer.jp/fms/d537f109268283

■講師プロフィール
鈴木慎之介 株式会社キテラス 代表取締役
niconicoの初期バージョン「ニコニコ動画(仮)」の立ち上げにエンジニアとして関わり、その後は主にニコニコ動画全体の開発マネジメントに携わる。

本講座に対するお問い合わせ先
Fanroid EAST JAPAN事務局
info[at]fandroid-ej.org
022-214-2772(担当:佐藤)

Comments Off

Filed under お知らせ

【9/28・10/26】Fandroidメイカソン開催のお知らせ

FEJ事務局の佐藤です。今年のテーマのひとつであるデバイス連携に関して、過去2回のkonashi/Arduino基礎講座を開催してまいりましたが、発展形として”ものづくりイベント”を開催します。

Fandroidメイカソン(アイデアソン+ハッカソン)と題しまして、9月10月の連続開催となります。

今年2013年はFab9が日本で開催され、メイカーズムーブメントのまっただ中、 GoogleGlassやライフログバンドなどウェアラブルデバイスが注目を集めるなか、 ハードウェアとソフトウェアの連携による技術革新や、 デジタルファブリケーションによるあらたなものづくりの潮流は わたしたちの行動や生活スタイルを今後どのように変えて行くのでしょうか?
乗るしかないこのビッグウェーブに、、、乗るなら、、、今でしょ…!!

「Fandroidメイカソン」
※本講座は仙台市情報産業支援事業の一貫として開催致します。
申し込み方法はページ下部に記載しています。

9/28(土)Fandroid make-a-thon Day1
(アイデアソン+チームビルディング)

10/26(土)Fandroid make-a-thon Day2
(ハッカソン+成果発表)

日時:
Day1 9月28日(土) 10:00開始-15:30終了(予定)
Day2 10月26日(土) 10:00開始-18:00終了(予定)

会場:FLAT-FabLab SENDAI
参加費:無料
定員:12名 両日参加可能な方

Day1 タイムテーブル(予定)
10:00〜10:30:説明
10:30〜12:30:アイデアワークショップ
        スピードストーミング、三人ブレストアイデアスケッチ制作
12:30〜13:30:参加者ランチ(お弁当をケータリング)、上位アイデア発表
13:30〜15:00:チームビルディング、ハードウェアスケッチ
15:00〜15:30:チームごとにハードウェアスケッチの発表・レビュー

Day2タイムテーブル(予定)
タイムテーブル
10:00-16:00 ハッカソン
16:00-18:00 成果発表

■アドバイザー
情報科学芸術大学院大学[IAMAS]産業文化研究センター 准教授 小林茂さん

主な活動にプロトタイピングのためのツールキット「Gainer」「Funnel」「Arduino Fio」の開発。著書に『Prototyping Lab』『+GAINER』など。2008年にIPA(情報処理推進機構)よりスーパークリエータに認定。2013年4月からは、レーザーカッターや3Dプリンターなどのデジタル工作機械を備え、地域のメーカーとMaker(つくり手)としての人々からの様々な文脈を掛け合わせてイノベーションを創出するための拠点「IAMASイノベーション工房[f.Labo]」を担当。

FLAT-FabLab SENDAI 渡辺圭介さん

宮崎県出身。九州芸術工科大学(現九州大学)芸術工学研究院修了。東北生活文化大学講師等を経て、FLATの立ち上げと運営に尽力し現職。コンピュータを表現手段とし、メディアアート、インスタレーション、映像、立体、ソフトウェア開発など多岐に渡る領域で活動する。2003, 2004 Asia Digital Art Award インタラクティブ部門入選。2004, 2005 文化庁メディア芸術祭アート部門審査委員推薦作品入選など。

■■■こんな方をお待ちしています!■■■
Maker、デザイナー、ハッカー、システムエンジニア、プロデューサー
モノづくりを愛してやまない人

■■■こんなスキルが有る方大歓迎!■■■
HTML/JavaScript/CSSでのWeb開発経験のある方
iOS/Androidアプリのプログラミングができる方
konashi/Arduinoを使った電子工作経験者
電子回路設計経験者
手芸経験者

申込方法:
参加希望はこちらのメールアドレスまで。件名を”メイカソン参加希望”として、
以下の内容を記載の上、9月24日中に送付ください。
締め切り後に調整の上、ご連絡させていただきます。
(※申込は先着順ではございません。チーム編成の都合上参加者のバランスと調整させていただきます)

・お名前
・ふりがな
・ご連絡先メールアドレス
・所属
・職種
・ものづくり経験の有無
 有りの場合は、デザインや設計といった担当した内容をお書き添えください)
・過去のFEJ講座の受講有無
(konashi入門/Arduino入門)

本イベントに対するお問い合わせ先
Fanroid EAST JAPAN事務局
info[at]fandroid-ej.org
022-214-2772(担当:佐藤)

Comments Off

Filed under お知らせ

【9/27開催】ユーザーデータから考えるアプリ企画とプロモーション

FEJ事務局の佐藤です。
9月27日(金)にFULLER株式会社の高瀬 章充さんをお招きして、アプリのマネタイズ・プロモーションをテーマに講演をいただきます。

「ユーザーデータから考えるアプリ企画とプロモーション」
※本講座は仙台市情報産業支援事業の一貫として開催致します。

リリース半年で累計50万ダウンロードを突破した「ぼく、スマホ」をはじめ、
最近では日本交通と協同で「タクシーおじさん料金検索!(タクおじ)」
をリリースしている気鋭の高専発ベンチャー「FULLER」が語る
アプリ開発秘話と開発スタイル、ワクワクするデータ分析、
あえて地方で起業する意味を講演いただきます。

日時:2013年9月27日(金) 19:20〜21:30(予定) 開場19:10
会場:エル・ソーラ仙台 大研修室 AER28F
講師: FULLER株式会社 共同創業者・CFO 高瀬 章充さん
定員:50名
参加費:無料

参加申込は下記フォームからお願い致します。(外部フォームが開きます)
https://ssl.form-mailer.jp/fms/1d209d40264633

■講師プロフィール
久留米高専制御情報工学科・筑波大学社会工学類卒業。
2011年、筑波大学在学中に経産省IPA未踏IT人材発掘・育成事業のクリエーターとして採択される。
筑波大学を卒業後、つくば市にてITベンチャーFULLERを共同創業。副社長に就任。
創業初期としては異例の海外ベンチャーキャピタルから出資を受けるなど、新進気鋭のITベンチャーとしてIT・アプリ業界で注目を受けている。
現在はCFOとしてファイナンス業務と同時にデータ分析やソフトウェア企画・開発に従事。
FULLER株式会社 http://fuller.co.jp/

参加申込は下記フォームからお願い致します。(外部フォームが開きます)
https://ssl.form-mailer.jp/fms/1d209d40264633

本講座に対するお問い合わせ先
Fanroid EAST JAPAN事務局
info[at]fandroid-ej.org
022-214-2772(担当:佐藤)

Comments Off

Filed under お知らせ

【開催報告】8/30Fandroidトーク「ダウンロードされるアプリの秘訣、ヒットアプリが実践しているポイント」

8月30日にアプリのプロモーションやマネタイズをテーマに、
Fandroidトーク「ダウンロードされるアプリの秘訣、ヒットアプリが実践しているポイント」と題して、
ユードー南雲玲王さん、清水翔さんに講演いただきました。
講演を抜粋してまとめます。

「アプリは大変だけれど、なんとかなるぜ」
南雲玲王さん

南雲さんは元々は音楽制作をしていた、音楽とゲームの間で悩む中で
Beatmania等音ゲーのプロデュースをするようになった。
コナミ→SCEを経て、大学入学してユードーを設立、アプリ制作の道へ。
設立当初は、pianomanやAeroシリーズなど音ゲーでランキング上位に。
しかしニッチでマニアックなユーザーを対象にすると
いつかご飯が食べられなくなりそうということで
大衆的なものをつくろうと決心。そしてあの「斉藤さん」が生まれたそうです。

資本力で大手には、既存分野で勝つことは難しい、
思いつきと開発スピードでチャレンジしている

斉藤さん・・・開発期間3日
応援ください!・・・開発期間5日
解決スパッと!・・・開発期間5日

ユードーでは開発期間は一ヶ月かかるとかなり長く、
ヒットする方が珍しいという考えで、
10打数1安打を10打数2安打にする努力をしている。

機能を最低限に抑え、いち早くリリース。
重要なことは「リリースしてから考える」。
小さく作ってリリースして、
ユーザーの状況やレビューの様子を見て進めていくという
リーンスタートアップの手法をとっているそうです。

大衆にヒットさせるためには、企画を考える場所も重要で、
深夜のドン・キホーテやファミレスなど普段接しない人とも
触れ合うなど非常にユニークな開発手法を取られていました。

個人やベンチャーが、資金力必要な中規模以上のアプリや
メガヒットを狙うのはリスクが高い。
1日1万円でも5000円でも小さく作って
ヒットするタイトルをたくさん生む方が良い。
いま生き残っているアプリ会社はこのパターン(チリツモ戦略)

最後に、ユードーの技術やノウハウの提供も惜しまないので、
仲間として一緒にやりましょうと講演締めくくりました。

「ヒットアプリが実践している7つのポイント」
清水翔さん

伝えたいことは、
アタリマエのことをアタリマエにやりきろう

1.アプリのリリースタイミング
 LINEアプリやリワード広告出稿のものとかぶらないように。
2.レビュー媒体対策
 ライターさんの気持ちを意識しよう
3.ASO対策(ストア内SEO)
 アプリ名やキーワード説明文、レビュー数や評価、DAUが指標になっているのでは?
 ユーザーの行動を想像して仮説検証を繰り返そう
4.アプリアイコン
 アイコンを最適化していくことで、ダウンロード数は大きく変化
 ポイントサイトでABテストを実施したりした
5.アプリ説明文
 ファーストビューにでてくる文字数を考慮して説明文をつくろう 
6.スクリーンショット
 スクリーンショットも同様に、画面をただキャプチャしただけではなく、
 ユーザーのことを考えてきちんと解説や売り込み要素を入れよう
7.自社集客施策
 アプリの数を増やして、自社広告枠でユーザーを回遊、
 全画面広告やpushで確実に呼びこもう。
 
最後に、一人で戦うのは厳しい、そこでつながりが大切なので、
協力して相互集客などしてやりきろうと締めくくられました。

後半はパネルディスカッションとして会場からの質問に
スピーカーのお二人が答えるということで
開発手法の話、海外展開の話、どんな広告を入れているか?
などの質疑応答を行いました。

今回は講演ごとに、隣の人と感想を話し合うミニワークを取り入れてみました。
講演をただ聞くだけでなく、誰かに話すことで理解が促されるという目的があります。

(配信できないのが非常に残念でしたが、、)非常に中身の濃い2時間となりました。

スピーカーの南雲さん、清水さん、
ならびにご来場いただいたみなさんありがとうございました。
今後も様々なイベント企画が進行中ですので、ぜひまたお越しください。

こちらもどうぞ
イベントの写真
togetterまとめ
NAVERまとめ

Comments Off

Filed under お知らせ

【開催報告】「Arduino入門講座」

仙台七夕真っ只中の8月7日、FLAT-FabLabSendaiにてArduino入門講座を開催致しました。
今年度の講座はこれで5回目となります。
講師はFLATの渡辺圭介さんです。

Arduinoの基本的な解説を行なっていただき、開発環境をインストールしたら
早速ブレッドボードに回路を組んでサンプルプログラムを流しこんでいきます。
Arduinoはsketchと呼ばれるサンプルプログラムをコンピュータ上で書いて、
ボードにダウンロードして操作します。


こちらはボタン操作でLEDの点灯を制御しています。押すと点灯、離すと消灯します。
参加者も熱心に講義を受け、作業に没頭していらっしゃいました。

応用編としてアナログ(シリアル)通信と光検知センサを利用して、光量に応じてLEDの照度をコントロールするプログラムと回路を制作しました。光量が減ると明るさも減少しているのがわかるかと思います。

七夕真っ只中にわざわざご参加いただいたみなさんありがとうございました!

Comments Off

Filed under お知らせ

【8/30開催】Fandroidトーク「ダウンロードされるアプリの秘訣、ヒットアプリが実践しているポイント」

みなさんこんにちは。FEJ事務局の佐藤です。
今年度のイベントも今回で6回目となります。

今年度のテーマの1つである「アプリのプロモーションやマネタイズ」に関して、
国内有数のiPhoneアプリ開発スタジオ ユードーの南雲玲生さん、フリーランスでアプリマネタイズやプロモーションのコンサルを手がけている清水翔さんのお二人をお招きして、アプリ開発者、プロデューサーなら誰しもが気になるであろう「ダウンロードされるアプリの秘訣、ヒットアプリが実践しているポイント」(スマートフォンアプリの開発手法やビジネスモデル、成功事例や失敗事例、アプリのマネタイズやストア内SEOなど)を余すことなくお聞きします。

Fandroidトーク
「ダウンロードされるアプリの秘訣、ヒットアプリが実践しているポイント」
※本講座は仙台市情報産業支援事業の一貫として開催致します。

日時 8月30日(金) 19:20〜21:00(予定) 開場19:10〜
会場 エル・ソーラ仙台 大会議室(AER28F)
   仙台市青葉区中央1丁目3-1 アエル 28階 
定員 50名
参加費 無料
※今回のイベントのUSTREAM配信はございません。

参加申込は下記フォームからお願い致します。(外部フォームが開きます)
https://ssl.form-mailer.jp/fms/5b979886258411

■イベント内容 
◯南雲さん講演「タイトル調整中」
◯清水さん講演「タイトル調整中」
◯トークセッション
「ダウンロードされるアプリの秘訣、ヒットアプリが実践しているポイント」
登壇者 南雲玲生さん 清水翔さん モデレーターFEJ原

■講師プロフィール
◯南雲玲生氏
株式会社ユードー代表取締役
広告制作会社、コナミを経てユードー設立。
AppStore総合1位を複数経験(8Bitone、Matrix Music Pad、Live LInk 3G)。
日本の高校生、大学生で知らない者はいないとも言われる斉藤さんも制作。
アプリをはじめ、楽曲制作(BEMANIシリーズの作曲家「dj nagureo」)など様々な作品を生み続けている。

◯清水翔氏
ファンコミュニケーションズ→アトランティス(グリー)にて、
モバイルアフィリエイトやスマートフォンのアドネットワークに携わる。
現在はフリーランスとしてアプリのマネタイズやプロモーションのコンサルに従事。
ソーシャルゲーム、カジュアルゲーム、ツール系など様々なアプリに対して、
支援先企業のアプリ事業立上げ~ナレッジ蓄積をサポート。

参加申込は下記フォームからお願い致します。(外部フォームが開きます)
https://ssl.form-mailer.jp/fms/5b979886258411

本講座に対するお問い合わせ先
Fanroid EAST JAPAN事務局
info[at]fandroid-ej.org
022-214-2772(担当:佐藤)

Comments Off

Filed under お知らせ

8/7 Arduino入門講座開催のお知らせ

今期の教育講座の1つのテーマである「デバイス連携」に関して、
8/7にFLAT-FabLab Sendaiの渡辺圭介さんからArduinoのレクチャとハンズオンを開催致します。

七夕期間真っ只中ですが、市内見物ついでにFabLab見学はいかがでしょうか。

■イベント名
Arduino入門講座

■イベント詳細
8/7(水) 19:00〜21:30(予定)
会場  FLAT-FabLab Sendai
住所 仙台市青葉区一番町2-2-8 IKIビル 4-1
定員 10名 ※観覧は自由です。(USTでも配信予定)
講師 FLAT FabLab Sendai 渡辺圭介氏
参加費 無料 

※Arduinoキットはこちらで用意します。
キットの数に限りがございますので参加者をペアにして、ワークショップを行わせて頂きます。
※3Dプリンタや工作パーツの利用が発生した場合は実費負担となります。

申込は下記フォームよりお願い致します。(外部フォームが開きます)
https://ssl.form-mailer.jp/fms/77f4ba16258705

本講座の対象者
フィジカルコンピューティングに興味がある方
(エンジニアやデザイナー、学生等)

■講座内容
Arduinoを体験してみよう。
具体的には
・プログラムを書いて、ボードにダウンロード
・LEDを点灯させる(ブレッドボード上に電子回路を組みます)
・センサーモジュールを組みあわせて何かつくってみる

■講師プロフィール
渡辺圭介氏 FLAT-FabLab Sendai
宮崎県出身。九州芸術工科大学(現九州大学)芸術工学研究院修了。東北生活文化大学講師等を経て、FLATの立ち上げと運営に尽力し現職。コンピュータを表現手段とし、メディアアート、インスタレーション、映像、立体、ソフトウェア開発など多岐に渡る領域で活動する。2003, 2004 Asia Digital Art Award インタラクティブ部門入選。2004, 2005 文化庁メディア芸術祭アート部門審査委員推薦作品入選など。

申込は下記フォームよりお願い致します。(外部フォームが開きます)
https://ssl.form-mailer.jp/fms/77f4ba16258705

本件に対するお問い合わせ先
Fanroid EAST JAPAN事務局
info[at]fandroid-ej.org
022-214-2772(担当:佐藤)

Comments Off

Filed under お知らせ

【開催報告】「Unity初心者講座」

7/20(土)、Unity Technologies Japan合同会社の伊藤周さんをお招きして
Unity初心者講座を開催致しました。今回の講座アーカイブはコチラからご覧いただけます。

前半は伊藤さんによりUnityについての講演をいただきました。
(今回も小泉さんの実況ツイートをリライトさせていただきました。)

Unityの基本理念は「誰でもゲームが作れる世界を実現する」というもの。
Unityはゲームを動かすエンジン部分と作成するエディタ部分に分かれている。
こういったエンジンは元来とても高額だったが、Unityは価格破壊をした。
他のゲームエンジンと異なるのはポイントとしてコミュニティ指向がある
→現在コミュニティの開発者数は200万人を超えている

たくさん使われることのメリット
1.Unity Asset Storeには一般の開発者の方が開発したものが公開されている。
「Unityにこの機能がない」というときはここにあることも。これは開発者が多くないと出来ない。
2.Unityの疑問はGoogleで調べればたいてい解決でき、書籍も多く発売されている。
FacebookにはUnity職業安定所やユーザー助け合い所などのユーザーグループも存在。

Unityの特徴
1.マルチプラットホーム
ボタンひとつで簡単にプラットフォーム変更が可能
2.リッチな表現
ゲーム以外にも映像作品などに利用されている
事例 「The Butterfly Effect
3.Asset Store http://japan.unity3d.com/asset-store/
制作に必要なリソースが有料/無料問わず多く揃っている

Unityが目指すもの

ゲーム開発の民主化、3D表現の民主化、携帯アプリの開発民主化。
誰でもクリエイティブなコンテンツを作れるツールへ。

後半はハンズオンとして、2Dの物理ゲームを実際に作成しました。



参加いただいたみなさまありがとうございました。
仙台でもユーザーグループが生まれて、Unityハッカソンなどができるといいですね。

Comments Off

Filed under お知らせ

「伊達武将隊 仙台城音声ガイド 〜五城楼〜」がアップデート

ファンドロイド・イーストジャパン(事務局:株式会社ディー・エム・ピー)は、2013 年 7 月 22 日よ り、今春リリースした「伊達武将隊 仙台城音声ガイド 〜五城楼〜」に新たに大手門コースを追加した アップデート版を GooglePlay で公開しました。 今回のアップデートにより、コース情報・スポット情報がさらに充実します。 コース監修:街ナビプレス社
リリース本文

「伊達武将隊 仙台城音声ガイド 〜五城楼〜」
アップデートの配信日
2013 年 7 月 22 日よりアップデート配信 アプリケーションの入手方法
Android アプリマーケット
「Google Play」で「伊達武将隊」で検索。(無料)
URL https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.co.dmp .android.DatebusyouGojyoro

本アプリでは、伊達政宗公が創建した当時の内堀跡や門、廓跡など普段は気づかない貴重で隠れた仙台 城の見どころを、音声と位置情報で紹介し、伊達武将隊と一緒に散策している気分を味わえます。
慶長遣欧使節団出帆 400 周年となる本年、伊達武将隊の声で仙台城の歴史を再確認してみてはいかが でしょうか。

Comments Off

Filed under プレスリリース